恋愛心理学のワザ Top > 出会いの心理学


■ 二人の距離を縮める3つの法則

誰かと誰かが親しくなる場合、
類似性」 と 「相補性」 という二つの原理が働く と言いました。
特に初対面では 「類似性」 の大切さがわかっていただけたと思います。

では、そこからさらに二人の距離を縮めるにはどうすればいいのでしょう?
実はそのカギを握るのが、次からお話しする3つの心理法則です。


1. 単純接触の原理
2. 類似性による親近効果
3. 自己開示の法則

言葉はどれも難しそうだけど、じつはとってもシンプルな話。
さっそく一つひとつみていきましょう。


まず 「単純接触の原理」 とは……。
人間は 「何度も会ったほうが相手と親しくなりやすい」 という心理です。

ミシガン大学心理学科のスーザン・セガート博士の実験では、
いろいろと会う回数を変えて、最高10回まである人物と出会わせるというものがあります。
すると、1回よりも3回、3回よりも5回10回と、会う回数の多い人ほど
より好感を得られる実験結果になりました。

通勤や通学のときの電車内などで、何度もある人と出会っていると、
いつの間にか恋心が芽生える…というのも、この 「単純接触の原理」 が働いていると言えますね。

ですから、出会った初期の頃は毎日ほんの少しの時間でも構いませんから、
なるべく頻繁に会うことが大切なんですよ。

「あなたなら口も堅そうだし、信頼できそうだから・・・相談いいかな?」

というように 相談を持ちかけてアドバイスをもらうというのはどうでしょうか。
どんな形であれ、とにかく会って話すことが大切です。

これを繰り返すだけでも心理的な距離はグングン縮まっていくわけです。


次にさきほども出てきた 「類似性による親近効果」。
人間は自分と共通点がある人に対して強い親しみを感じるということです。
この類似性の説明は、出会った瞬間に仲良くなるテクニック で詳しく説明していますので
ここでは省略させてもらいますね。


そして最後に 「自己開示の法則」。
人間は自分にとって深い情報を話したとき、互いの好感度が上がるものです。
あなたが自己開示をすれば、相手も自己開示をしやすくなることも実験で出ています 。

しかし、実際に会っている場合には、そうカンタンに 「自己開示」 ができませんよね。

この自己開示ができなくなるのは、恐怖心や不信で自分をつまらない、
ダメな者だと感じてしまうからなのです。

また、実際に深い部分を自己開示したとしても、 相手の反応が悪ければ、
途中で話すのをやめてしまうかもしれませんよね。

では、どうすればいいのか?
そんなあなたにもカンタンに自己開示ができてしまうワザ。
さらに単純接触の原理まで働いてしまう現代の便利ツールとは?


カンのいい方ならもう気づかれたかもしれませんね。
そうです。とにかく積極的に 「メールを多用する」 のです。

メールでは相手の顔を見ないため、どんな恥ずかしいことでも
すぐに文書として伝えることができます。
つまり、「メールやネット上の会話は、現実よりも自己開示しやすい」 わけです。

メール自体を最低限の連絡にしか使っていないなら、もっと深い話を。
とにかくメールで自分の気持ちのすべてを伝えるのです。
それこそ当HPのテクニックすべてを意識してメールしてみてください。

「うれしかった……」
「楽しかった……」

そんな自分の感情や体験を、ハッキリとした言葉で伝えるのです。
面と向かって話せない言葉も、メールなら伝えることができるはず。
直接伝えるのがベストではあるのですが、誰もがそんな直球を投げることはできませんよね。

だからあなたが感じたり思ったことをその場で言えなかったとしても、
その日か、次の日くらいまでにメールで送ることが大切なんですよ。

こちらのコンテンツもオススメです → あなたの性格診断


はじめに… 〜心理学ってなんでしょう?〜, 使えるノウハウ、使えないノウハウ ...
出会った瞬間に仲良くなるテクニック, 二人の距離を縮める3つの法則 ...
一緒にいると楽しいと思わせる, 聞き上手になるあいづちテクニック ...
相手のウソを上手に見抜く方法, こんなカップルはうまくいく ...
まずは好意の表明をすることから, 友人から恋人に昇格するテクニック ...
ダイエットしなくてもいい…?, 恋に見切りをつける上手な別れ方 ...

about love psychology
当サイトについて。メールやリンクに関しての情報もこちら。あなたからの連絡お待ちしています。
link with you
相互リンクしましょう!提携サイト募集中。ジャンルや規模は問いません。お気軽にどうぞ。
Copyright(c) 2004 love-psychology.com. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。