恋愛心理学のワザ Top > 心をつかむ会話心理術


■ 相手の心を開く会話上手な2つの法則

人との会話は普段何気なく行っているものですが、ビジネスでも恋愛においても
相手と心を通わすために、一番重要なのが、この 「会話」。

会話でもそうですが、ひとの言葉には大きな力があるんですね。
あまりに大きな力を持ちすぎているので、使い方を間違えると
とんでもないことになってしまいます。


ほら、想像してみてください。
大きな力を持ったもの、たとえば、自動車などでしょうか。

便利な反面、使い方を誤ると大変なことにもなってしまいますよね。

これと同じことが、この 「会話」 にも当てはまるんですね。
会話は言葉と言葉のぶつかり合い。時にやさしく、時に激しく交差します。

ですから、むやみと乱暴な言葉を振り回しては誰かを傷つけたりしてしまう可能性もあるわけです。

でも、これをあなたにとって上手に、正しく使いこなせればまさに最高の武器となるんですよ。
そのために使える心理テクニック……

ここではそのひとつである 「相手の心を開く会話」 についてお話していきましょう。


では、早速……
次の質問の仕方をよーくみてくださいね。

「あなたっていま、恋人いるの?」
「ねえ、昨日は楽しかった?」
「どんな人がタイプ?」

さて、この中でひとつだけ形式が違うものがあります。
どれでしょうか?……すぐわかりますか?


実はカウンセリングのドクターはまず最初に 「面接の取り方」 というものを習います。
その中で質問の仕方における基本テクニック、それこそが 「開いた質問」 と 「閉じた質問」。

それぞれ、「オープン・クエスチョン」 や 「クローズド・クエスチョン」 と呼ばれているものです。


開いた質問」 とは YES・NO では答えられない質問です。
「昨日なにしてた?」 とか 「あの洋服どう思う?」 といった限定されない質問形式のことですね。

逆に 「閉じた質問」 とは YES・NO で答えられる聞き方のことです。
「昨日はたのしかった?」 とか 「あの洋服いいよね?」 という聞き方がこれに当てはまります。


ですので、先ほどの質問の仕方の正解は3つ目の 「どんな人がタイプ?」 ですね。
これだけが YES・NOで答えられない 「開いた質問」 になっているからです。

そして、一般的に相手の気持ちを引き出しやすいのは 「開いた質問」 といわれています。

この質問の仕方は、相手にとって自由に話せる質問なので
そこから会話がどんどん広がっていくんですね。

「調子どう?」
「最近あんまりよくなくて……」
「どうしたの?」
「周りの人たちとうまくいかなくて……」
「あら、うまくいってないんだ……」
「はい…」
「何かあったの?」
「じつは…」

こんな感じで相手はあなたに話をしてくれることでしょう。

あなたが相手の心の中に入って行きたいのであれば
オープン・クエスチョン」 こと 「開いた質問」 は必須テクニックなのです。


でも、ときには 「閉じた質問」 を加えて相手の心を開かせてみることもできます。

「昨日はどうだった?」
あなたがこう聞いたとき、相手が答えにくそうだったり、迷っていたら

「え?楽しくなかった?」
「なにもなかったわけじゃないよね?」

というように 「閉じた質問」 にすることで、少しずつ話を聞きだすこともできるんです。

どんな形であれ会話が進めばそれだけ話が弾むということ。
それによって相手もあなたも心を開いていくことができるんですよ。

こちらのコンテンツもオススメです → あなたの性格診断


はじめに… 〜心理学ってなんでしょう?〜, 使えるノウハウ、使えないノウハウ ...
出会った瞬間に仲良くなるテクニック, 二人の距離を縮める3つの法則 ...
一緒にいると楽しいと思わせる, 聞き上手になるあいづちテクニック ...
相手のウソを上手に見抜く方法, こんなカップルはうまくいく ...
まずは好意の表明をすることから, 友人から恋人に昇格するテクニック ...
ダイエットしなくてもいい…?, 恋に見切りをつける上手な別れ方 ...

about love psychology
当サイトについて。メールやリンクに関しての情報もこちら。あなたからの連絡お待ちしています。
link with you
相互リンクしましょう!提携サイト募集中。ジャンルや規模は問いません。お気軽にどうぞ。
Copyright(c) 2004 love-psychology.com. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。