恋愛心理学のワザ Top > 相手を射止める心理術


■ まずは好意を表明することから

あなたに好きな人ができたら、まずは好意をきちんと表明しなければなりません。
アプローチとは好意の表明をすることであるとも言えますね。

「今度、食事でもどう?カップルじゃないと入りにくい雰囲気のお店なんだ」
「週末にどこかへ行かない?」

といった好意を示す提案をすれば、相手もあなたを意識し始めるでしょう。
まず、あなた自身を相手に意識させること

これができなければ、いつまでも恋に落ちることはないとも言えるでしょう。
そのために、こちら側から相手に好きな気持ちを、何らかの形で伝えてあげるんですよ。

それは手紙であったり、メールや友人に伝えてもらってもかまいません。
とにかく、好意の表明をしてからどんな形の恋愛も生まれるのです。


実は、アメリカの社会心理学者アーロン博士がこんな面白い実験をしています。

「過去8ヶ月以内に、異性にドキッとしたのはどんなときですか?」

というアンケートを実施し、そのときの経験を書き出してもらったのです。
さぁ、あなたもこのアンケートに答えてみてください。
どんなときに異性にドキッと感じたりしてしまいますか?

では、このアンケートの回答ベスト5を見てみましょう。


まず 第5位
全体の36%が答えたのが 「状況的な手がかりがあったとき

わかりにくい言い方ですが、相手の声や視線、しぐさなどに魅力を感じた…
といったことですね。


次に 第4位
全体の44%が答えたのが 「恋愛をする準備ができていたとき
(複数回答可のアンケートなので%がかぶります)

これは落ち込んだり、失恋したときに出会ったというような場合のことですね。
普段は意識していなかったのに、試合で負けたときに励ましてくれたマネージャーに
恋してしまった…という場合には、これが当てはまりますよね。


続いて 第3位
全体の62%が答えたのが 「生理的に喚起したとき

これまた難しい言い方です。
まぁ言ってしまえば、「興奮するシチュエーション」 といったところですね。

突然二人きりになったり、暗闇で相手との距離が近づいたり…
こんな状況のことです。


そして 第2位
全体の78%が答えたのが 「相手が望ましい特徴を持っていたとき

これもカンタンに言うなら
「好みのタイプ♪」
「頭がいい!尊敬〜」
「背が高い、かっこいい〜」

というような状況ですね。
ここまでだけを見るとデート場所にシチュエーションを重視したり、
自分を磨くといったことが重要とわかりますよね。

そう考えると芸能人の人たちが人気がある理由はわかりますね。
カッコイイ、かわいい (第2位) TVやコンサートなどで興奮させてくれた (第3位)
を同時に満たしているわけですね。

しかし、世の普通の人たちが、ある異性に対しては芸能人すらも超えることがあり得るのです。
その秘密こそが第1位の条件なのです。


では、ついに 第1位
全体の90%が答えた 「ドキッとする瞬間」 こそ、「相手から好意を表明されたとき」 だったのです。

これもわかりやすく言えば、「告白された」 ときや 「好きだと言われた」 ときのこと。
すなわち、90%の恋愛は、どちらかの好意の表明から始まっているということです。

「なんとなく付き合うようになっちゃった」

というのは、かなり珍しいケースで、 たいていの場合には、
どちらかが好意を表明して相手がそれを意識するようになって、
その結果として付き合うようになるんですね。


実際に人間には、「相手の好意に対しては、同じだけの気持ちを返す」 という法則があります。
これを心理学用語で 「好意の返報性」 と呼びます。

ですから好意の表明は、「シチュエーション」 や 「頭の良さや外見」 よりも
強く相手の気持ちに響く要素といえるのです。

恋愛の女神は勇気を出して告白したあなたにだけ、微笑んでくれるものなんですよ。

こちらのコンテンツもオススメです → あなたの性格診断


はじめに… 〜心理学ってなんでしょう?〜, 使えるノウハウ、使えないノウハウ ...
出会った瞬間に仲良くなるテクニック, 二人の距離を縮める3つの法則 ...
一緒にいると楽しいと思わせる, 聞き上手になるあいづちテクニック ...
相手のウソを上手に見抜く方法, こんなカップルはうまくいく ...
まずは好意の表明をすることから, 友人から恋人に昇格するテクニック ...
ダイエットしなくてもいい…?, 恋に見切りをつける上手な別れ方 ...

about love psychology
当サイトについて。メールやリンクに関しての情報もこちら。あなたからの連絡お待ちしています。
link with you
相互リンクしましょう!提携サイト募集中。ジャンルや規模は問いません。お気軽にどうぞ。
Copyright(c) 2004 love-psychology.com. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。